暖炉をつくろう!その6~かわいいお店作り~

組み立てよう!~整えよう!~

ある程度加工が進んだので

次に行うのが面取り、塗装です。

一番上の天板はやわらかい印象が必要なんですねぇ。

DSCN1263

 

 

 

 

 

 

この角を面取りして丸くします。

面取りには専用の面取りかんなを使います。

DSCN1264

 

 

 

 

 

 

 

実はこのカンナ、

DSCN1265

 

 

 

 

 

 

手のひらサイズ!!

 

DSCN1273

 

 

 

 

 

 

削ります!削ります!

慣れないけど、削ります!

そして面取り終了!!

結果はこんな感じです。

DSCN1281

 

 

 

 

 

 

 

次に天板の部分だけ塗装をします。

木製ペイントの色はアイボリーを使用して

刷毛塗りします。

DSCN1409

 

 

 

 

 

 

一度組み立てた後に塗ったほうが楽なので

組み立てますね。

DSCN1407

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぞ組の部分で隙間が開いている部分には

ボンドを使って埋めます。

DSCN1331

 

 

 

 

 

 

それでは刷毛塗りしましょう!

DSCN1411

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず刷毛塗り終了!

DSCN1413

 

 

 

 

 

 

まだムラがあるので、もう一度塗ったほうがいいかな?

その前にファルカタ集成材の薄いものを購入し、

天板同様、面取りします。

簡易型の飾り板となります。

天板の上に貼り付け⇒塗装!!

厚塗りします!!

DSCN1482

 

 

 

 

 

 

薄いファルカタ集成材だったため、少々反りがありました。

無理やり接着して厚めに塗装した結果、

なんとか反りは解消!

(今後気をつけなければ!)

次の記事へ

 

サブコンテンツ

営業日

最新情報andブログ

フェイスブック

スポンサード リンク