暖炉をつくろう!その3~かわいいお店作り~

組み立て~部材をそろえよう1~

設計図(家具図)をもとに各部材をそろえて行きます。

まずは大部分を占める木材です。

全ての部分をパイン集成材とする予定でしたが

天板の部分と側面の部分は赤松の集成材(パイン集成材)。

正面の部分は加工がしやすいということで

ファルカタ集成材としました。

購入に当たり設計図の寸法にカット依頼も

しておきました。

到着した天板、側面部材です。

DSCN1027

 

 

 

 

 

 

 

また正面のファルカタ集成材もカット依頼をしました。

依頼するときに簡易的なイメージを送りました。

やや、設計図(家具図)の寸法と違ってしまいました。

(穴の部分の寸法ですね。)

前面ファルカタ集成材

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この寸法ミスが後からうまいことになるんです。

最後に発表します。

そして到着したのがこちらです。

DSCN1083

 

 

 

 

 

 

木材に関してはすべて揃いました。

 

次は部材をそろえよう2です!

サブコンテンツ

営業日

最新情報andブログ

フェイスブック

スポンサード リンク